名人が育てる日本の宝「安部前沢牛」

 和牛雑話   名人が育てる日本の宝「安部前沢牛」
  
d0181388_20192486.jpg
   味の芸術品 黒毛和牛。 その飼育には、信じられないほどの手間と技、
                     そして確かな経験が必要とされます。


 グルマンズ和牛で皆様に楽しんでいただいている岩手県前沢「安部秋夫、直也生産前沢牛」。
安部さんの一日は朝5時前の餌づけから始まります。
 藁(ワラ)を切り飼料づくり、新しいオガクズを入れ、牛の肌のブラッシング、そしてまた夕方の餌の準備へと、夜の9時ぐらいまで作業は続きます。
 
d0181388_20183848.jpg
d0181388_20230094.jpg

 風邪を引かせず、ケガをさせず、手塩にかけて育てた〝子供たち〟は安部さん曰く日本の宝です              大理石のような脂肪と赤身が緻密に交雑した霜降り。
     (B.M.S〈ビーフ・マーブリング・スタンダード〉)。
                        そして独特の優しい旨味、風味。 北上川沿岸の稲作という文化と共に育まれてきた前沢牛こそ世界に誇れる日本の宝であり、
これから先、私どもグルマンズ和牛も、もっともっと貴重な価値をご案内し、確かな目で本物を残していきたいと思っております
。 
                      グルマンズ和牛あるじ

by g-wagyu | 2017-08-16 20:23


<< 9月 長月(紅葉月) 『炭火焼き豚』のご案内 >>